ピリカメル

植物とともに美しい世界を創造してゆく

2019年への祈り

先日、お屠蘇作りの会を開催しました

↓こちらで告知しておりました

pirkamer.hatenadiary.com

 

テキストは華やかでめでたい感じの和紙に印刷

お屠蘇袋はピリカメルお手製です(水引飾りは既製品を購入)

どんな“難”も福へ“転”じることができますよう南天の葉を添えて

f:id:pirkamer:20181231192348j:image

 

 

今回、12種類の生薬をご用意しました

f:id:pirkamer:20181230113318j:plain



 

ひとつひとつお話を通して知っていただき

f:id:pirkamer:20181231113216j:plain

 

 

香りや佇まいと向き合い

f:id:pirkamer:20181231114628j:plain



 

来年のビジョンを胸に

どんなブレンドにするか決めていただきます

全部入りもOKです!

f:id:pirkamer:20181231115110j:plain

 

 

こんな感じできれいに写真におさめてくださる方もいて嬉しい!

ひとつひとつの薬味に丁寧に向き合って作っていただくと特別なお屠蘇になりますね

f:id:pirkamer:20181231115412j:plain

それぞれの薬味は香りや味の強さ(薬効の強さとも相関)によって0.1〜0.3g程度

匙でだいたいの目安をお伝えしています

多少の加減は可です

 

薬としては3g以上使うことも普通ですから

量としてはかなり少ないですよね

だからこうして一般的に触れていただけるわけなのですが

 

お屠蘇って強い薬効があるというより

五感や微量な成分によってきっかけとして刺激になるものだと思います

どんな薬もですが本人の向き合い方、意識が大切かと

 

 

全て計り終えたら

軽く潰し混ぜることで香りを立たせ、全体をまとめます

思いを込めながら。。

f:id:pirkamer:20181231115658j:plain

 

ティーパックに詰め

袋に納めたら完成です

f:id:pirkamer:20181231120158j:plain

ご自宅で大晦日の夜にお酒の中に浸け

元旦の朝に生薬を取り出し

お祝いの気持ちとともにいただきます

 

おちょこや盃で飲むのもいいし

ワイングラスで飲むのもおしゃれ!

個人的には切子のワイングラスとか素敵だなぁと思います

 

 

 

皆さん、嬉しそうに生薬と触れ合っていたのが印象的でした

その笑顔に触れて私も心から楽しく幸せな時間を過ごさせていただきました

本当にありがとうございました

f:id:pirkamer:20181231121447j:plain

 

内容としては自分にとって自然なことだし

ポケットの中にある宝物をシェアしたという感覚で

準備も楽しかったのですが

話をするのに慣れていないので

話しているうちに息を吸うのを忘れて呼吸困難になりかけるのはどうにかしたいところ(笑) 

 来年もまた宝物をシェアしていけたら嬉しいです

 

 

ご参加の方もそうでない方も

皆さんの2019年が素敵な年になりますように!

 

その祈りに寄り添うものとして

お屠蘇、オススメです