ピリカメル

自然とともに光輝く

生命の海

北海道の秋

大海で育った鮭が産卵のために

川を遡上しふるさとへ帰る

 

鮭は過酷な遡上に耐えうるよう

筋肉に抗酸化物質のアスタキサンチンを溜め込むらしい

(それが鮭の身の赤い所以で、産卵直前には皮膚と卵に移行するというから更に感動的)

 

こうして誰に言われるでもなく

鮭は本能でふるさとを目指してゆく

 

激流に打たれ

傷だらけになりながら

途中で力尽きたり

捕食されてしまったりで

その回帰率はほんの数% 


こうした厳しさによって

強いものが次に生命をつなぎ

種が洗練されているのかもしれない

 

それは勝ち負けの世界なのか?

 

私はそうではない世界を信じたい

 

上流にたどりついた鮭は

きっとどんな仲間の生命ともつながり託されていて

その産卵は種全体の喜びなんだと思う

 

 


なんだかヒトの生命の営みとも重なる

 

ご縁の海の中で人と人とが出逢うこと

無数の精子が遡上し、その中のひとつが卵子と出逢うこと

生命の誕生、その奇跡は全体の喜び

 

私の子だからとか誰の子だからとか

本来そんなエゴのようなものは超えちゃっている

 

ここに生命があるだけで全体の喜び

価値のない生命なんてあるものか

 

もちろんエゴがあるから

出逢える愛しく美しい経験もあって

どちらの層も一緒に感じられたら最高に幸せ

 

そこにあるものを何層にも渡って味わう

人間だからこその醍醐味

 

 

どんな人も見えないご縁の糸で宇宙全体と繋がっている

その糸を通じて今ここに生命のエネルギーが流れ込んでいる

受け取ることを拒まずに

ありがとうと心を開けば満ちてくる

 

f:id:pirkamer:20181011113035j:plain

アルトリ岬より望む海

昼と夜とが混じり合う

束の間の優しい時間