ピリカメル

ハーブの輝きが道を照らす

選ぶという自由

自分の感覚を信じることはとても大切

 

Pirkamerでも

ハーブを感じることを通して

そのことを伝えています

 

ハーブに限らず

ただ自分が心から嬉しいものを選べば良いのです

 

ビーガンもマクロビもオーガニックでもグルテンフリーでも何でも

自分が心地良く喜びであることが大切です

 

そういったものの多くに拒絶が隠れているような気がしています

自分の選択を正義であるとして

周囲にも自分にも無意識に制限をかけストレスを感じてしまう

それってどんなに良いものでも病気を作る元になります

(宗教が関わる場合複雑なのでここでは触れないでおきます)

 

 

でも、好きで選んでいるから良いのだといっても

安易な快楽を記憶によって

反応的に求めてる場合があります

 

甘いものやジャンキーなものカフェイン、タバコ、お酒のような刺激の強いもの

好きで選んでいるとしても

反応的に求めているだけだとしたら

それは反応の奴隷

真の自由とは言えません

 

何だって食べてもいいのですよ

自分が主人となって選択の舵を切れるなら

 

 

元気なお野菜、オーガニックでストレスの少ない環境で育った素材は

やはり気持ちが良いし身体も喜ぶ

その喜びを純粋に楽しめたら

全身でその生命力をいただけるのだと思う

 

そういう微細な感覚を育てることは

人生で自分に必要な選択をするためにも大切なこと

 

ハーブが人生の輝くきっかけになれば嬉しく思うのです

 

f:id:pirkamer:20180716084357j:plain