ピリカメル

北海道で見つけた美しい輝きを

アイヌコタンでいただくアイヌの味

北海道にはアイヌコタン(アイヌの集落)がいくつかありますが

今では観光地としての役割が大きく、アイヌの文化を学んだり楽しんだりすることができる場所となっています

 

中でも観光客で賑わっているのが、阿寒のアイヌコタンです

 

 

そこに“アイヌ喫茶ポロンノ”という店がありまして

アイヌの味と雰囲気を楽しむことができます

f:id:pirkamer:20171210152807j:plain


こちらはオハウというアイヌの汁物のセットで
鹿肉のオハウと鮭のオハウがありましたが

私は鮭のオハウのものを

f:id:pirkamer:20171210152920j:plain

 

シンプルな味付けだけれど初めて食べる味でした

昆布のお出汁に鮭と野菜が煮込まれてあっさりとした塩味


このセットは豆のご飯と鮭の背ワタの塩辛付き

もうたまりませんわ♡

 

お茶はちょうど出来たばかり(いただいたのは8月でした)のシケレベ茶、キハダの実のお茶です

ミカン科独特の苦味が胃に良さそう

 

他にも、和名ナギナタコウジュである、セタエント茶

白樺に付くキノコ、カバノアナタケ茶もあり

どれも近くに採取に行っているようで

季節によっては品切れしてしまうこともあるようです

f:id:pirkamer:20171210153751j:plain

 

 

 

 

 

阿寒で味わえるのはもちろん食だけではなく

アイヌのアートも要チェック!

 

この日は泊まらなかったのですが

散策しながら素晴らしいホテルを見つけまして

1階のギャラリーの展示だけ覗いてきました

“鶴雅”というホテルです

 

藤戸竹喜さんという彫刻家の作品が圧巻なのです

f:id:pirkamer:20171210155926j:plain

 

トーテムポール

f:id:pirkamer:20171210161500j:plain

 

ちなみに藤戸さんは札幌芸術の森でもちょうど展示されているそうです

(12/17終了)

artpark.or.jp

 

 

また、瀧口政満さんという彫刻家のギャラリースペースもあり

そちらも素晴らしいです

f:id:pirkamer:20171210161823j:plain

 

 

他にもアイヌ文化をベースにしたアートがいっぱいで超楽しい

次は是非泊まりたいと思います

f:id:pirkamer:20171210161923j:plain

 

www.tsuruga.com

www.tsurugawings.com

(同じグループのホテルが姉妹で隣り合わせになっているようです)

 

 

 

阿寒はアイヌ民芸品店の数も多く、お土産を見るのも宝探しのよう

ここは店構えからすごいですが、中の商品、特に奥に陳列しているものは技術的に素晴らしいと思いました

価格もお高めですが、見るだけで価値がありますよ

 

f:id:pirkamer:20171210154745j:plain

 

www.akanainu.jp

 

 

 

 

所変わり

阿寒から300kmほどのところに位置する

白老(しらおい)には“大きな湖の集落”という意味のポロトコタンがあります

 

f:id:pirkamer:20171210211142j:plain

 

全体がアイヌ民族博物館となっていまして、こちらでもオハウをいただくことができました

f:id:pirkamer:20171210153154j:plain

このオハウは大根などの具は別に煮てあって上品な感じです
軽く塩漬けした鮭は身が締まってこれまた感動的
ここはお客さんの数はそれほどでもなく冷凍でやり繰りしているそうですがとっても美味しかったです

 

左の副菜は確かウドの酢味噌和え

香り豊かで美味でした

 

こちらのコタンは来年春から大幅なリニューアル工事に入り2020年にオープン予定とのことです

アイヌ民族博物館

 

リニューアル後もまたこのオハウが食べられたらいいなぁ

 

 

 

 

 

ちなみに

アイヌの四季ーフチの伝えるこころ”という本によるとレシピはこんな感じです

f:id:pirkamer:20171210202702j:plain

 

シンプルですが北海道の野草がたっぷり入ったこちらのオハウも食べてみたいのもです

 

 

アイヌの四季

アイヌの四季