読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリカメル

北海道で見つけた美しい輝きを

ヒースの丘〜四季の杜

函館 道南

道南四季の杜という広い公園があります

f:id:pirkamer:20170423205116j:plain

 

広ーいのです

f:id:pirkamer:20170423225326j:plain

 

 

ヒースガーデンには様々な品種のヒースを集め植えられています

f:id:pirkamer:20170423205204j:plain

  

かわいい♡

f:id:pirkamer:20170423205259j:plain

 

 

今咲いているのはエリカ属の方なんですね

f:id:pirkamer:20170423205427j:plain

 

 

私のヒースのイメージといえばこれ

ジーン・ケリーシド・チャリシー主演のミュージカル「ブリガドーン

スコットランドのヒースの丘が印象的に登場します(舞台はセットだけど、、)

とても美しいシーンです

f:id:pirkamer:20170423210005j:plain

 

ヒースは北西ヨーロッパの荒地に良く見られ

人々の生活と深い関係があるようです

 

屋根葺きやホウキ、縄として使われたり

 

長年かけて炭化した泥炭はピートと呼ばれ

身近な燃料に使われたり

 

スコッチウィスキーの香りに重要な役割を果たしているとか

 

薬用にも煎液やチンキとして内用、外用で

美白、関節痛、泌尿器系症状などに効果をあらわし

同じくツツジ科のウワウルシにも含まれるアルブチンを豊富に持っているようです

 

フラワーエッセンスでは(ヘザーの名で用いられ、Calluna vulgarisで指定されている)

他者との接触を不健全な形で求める状態に

空虚さを満たし、感情的自立に導いてくれます

(もともと持っていてマイナスに出ていたものが調和的に発揮されるイメージ)

 

 いつかスコットランドのヒースの丘にも行こうっと

 

 

 

湿性植物園の方では

ミズバショウ祭りでした♡♡

f:id:pirkamer:20170423214615j:plain

ミズバショウ(サトイモ科)はアルカロイド毒を持つため口にできません

また、葉の汁が肌に付くとシュウ酸カルシウムにより水膨れになるみたい

アイヌ文化では膿出しなどに外用で使われることもあったようですが

こうして目で楽しみ、春の喜びを共にするだけにしておくのが無難のようです

 

 

お花畑のある学校

函館 道南

函館の遺愛女子高等学校にある

クロッカスのお花畑

 

こんな素敵なところを管理されてる

学校の在り方っていいなぁと思います

 

f:id:pirkamer:20170414191450j:plain

整ってない

自然な姿が愛らしい

 

 

 

クロッカスの群生

約2万株とか!

例年3月末〜4月上旬がピークのようです

f:id:pirkamer:20170414191547j:plain

 

 

キバナノアマナ

f:id:pirkamer:20170414191952j:plain

 

 

スノードロップ

f:id:pirkamer:20170414192326j:plain

 

 

キクザキイチゲ

f:id:pirkamer:20170414192048j:plain

 

野に咲く花って

その純粋な輝きで

心の一番美しいところを思い出させてくれます

 

北海道の花はめっちゃ可愛いどーー♡

 

未来と戯れる 〜モエレ沼公園

札幌

ゴミ埋め立て地の上に刻まれた

イサム・ノグチの世界

 

分厚い雪のコートをまとい

ディテールは埋もれても

その美しさは隠せない

 

ここでスキーを興じる人たちがいます

なんて贅沢な遊びでしょう

 

クルクル宙を舞いながら楽しそうに空を滑り遊ぶ光景を想い浮かべて

私は暫し未来の世界と戯れます

 

いつかまた雪を脱いだあなたを訪れましょう

 

 

モエレ沼公園-イサム・ノグチ設計 | 公式サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pirkamer:20170306185447j:plain

 

f:id:pirkamer:20170306185514j:plain

函館の街に浮かぶ星

函館 道南

楽しい会話の中に

キラキラした表情に

お腹の底からの笑い声に

お皿の上の美味しい芸術に

短冊に込めた願いの中に

たくさんの星々がきらめく美しい夜☆

 

念願の五稜郭タワーの夜景に行ってきました♬

f:id:pirkamer:20170226084521j:plain

 

 

五稜郭の夢イルミネーション

http://www.goryokaku-tower.co.jp/html/event/hoshinoyume.html

 

偏愛!六花亭

北海道にはバターサンドで有名な六花亭というお菓子のブランドがありますが

ほんと北海道の宝だと思うのです。

もう大好きすぎる♡

といっても、私の六花亭LOVEの中でお菓子そのものの割合は10パーセントくらい。

お菓子も大好きなんですが、他の占める割合が大きいのです。

 

まずはそのパッケージ

レトロな懐かしい雰囲気、北海道らしい繊細な感性が詰まったデザイン

ツボど真ん中の私はたぶん3割増しで美味しくいただいてます。

f:id:pirkamer:20170115123720j:plain

 

 

六花亭のシンボル的なこの絵柄は坂本龍馬の末裔、坂本直行作の

“北海道 山野の草と木”

北海道の自然の中の花畑です♡

缶入りクッキーはパッケージ買いです

f:id:pirkamer:20170115123920j:plain

 

北海道民の素敵な感性を掬い集めたクッキーの一例

f:id:pirkamer:20170115123949j:plain

 

 

函館にある六花亭の直営店も素晴らしい☆

街中にありますが、森の中に入っていくような気分になるエントランス

ここから別の世界に遊びにいくようなウキウキを誘います。

入口付近では犬の像がお出迎え。

f:id:pirkamer:20170115125455j:plain

  

大きな窓の景色が絵画のよう

外は五稜郭の桜、季節ごとの美しさを魅せてくれます

f:id:pirkamer:20170115124205j:plain

 

大きな桜の木の絵は窓の景色とつながっているかのような広がりを感じさせ

中秋の名月の演出が、暗くなり始めた窓の向こうに想像の満月を描かせます

f:id:pirkamer:20170115130905j:plain

 

はぁ〜うっとり♡

でもこれは六花亭の枝葉なんです。

六花亭の拠点のある帯広の近くには直営店だけでなく、

六花亭の世界観広がるアートの森があるという。。

 

六花の森

http://www.rokkatei.co.jp/facilities/index2.html

まさに六花亭の包装紙の世界

 

中札内美術村

http://www.rokkatei.co.jp/facilities/index.html

自然と調和したアートの森

 

いつかある美しい日にここに行きたい

そんな夢を持ちながら

すぐ叶えられそうだけどもったいなくてまだ叶えていないという(笑)

なかなか開けられない大切な宝箱

いつかそれを開ける最高の日のために感じる心を磨こうっと

ルドゥーテ

函館 道南

そこは函館空港から徒歩圏内のところにあります。

「ルドゥーテ」というカフェ

 

f:id:pirkamer:20170107233439j:plain

 

 

店内は西欧のものを中心としたアンティークがいっぱいです。

でもこの空間、愛は感じるけれど、どこかお店っぽくない

暮らしが染みついたかんじがするのです。

そして不思議な時間の流れがあります。

f:id:pirkamer:20170107233707j:plain

 

 

お庭のミントティーを注文したらケーキが付いてきました。

ミントティーはポットでたっぷり。

これで400円はお得!?

f:id:pirkamer:20170107233928j:plain

 

はじめは愛想を感じなかったおばあちゃんですが、言葉を交わすうちに仲良くなり、いろんなお話をしてくれました。

お店のこと、ここでの生活のこと、飼っているポニーのこと、お孫さんのこと。。

ここでの営みは、まず生活があり後からお店を始めたそうですが、お店を始めたときに新たに買い揃えたものはほとんどないそうです。本当に生活そのもの。

おばあちゃんはここでの生活を心から愛しているようでした。

 

姿の見えなかったポニーに餌をあげて近くまで呼んでくれました!

f:id:pirkamer:20170107234540j:plain

 

仲良く餌を食むポニーの親子。

幸せの風景。

f:id:pirkamer:20170107234953j:plain

 

 ポニーの糞を肥料にして育てたバラ園。

バラの季節に見に来たいなぁ。

f:id:pirkamer:20170108000104j:plain

 

ジブリや小説に登場するおばあちゃん家のようなカフェなのでした。

 

ルドゥーテ

食べログルドゥーテ

 

大沼

道南

 函館から車で40〜50分くらいのところに大沼というところがあります。

大沼と呼ばれますが、湖です。

とっても美しい。。

ええ、私は湖が大好きです。

f:id:pirkamer:20170104103337j:plain

この日は一際光が美しい秋でした。

雲も踊っているようです。

 

 

冬の美しさだって!

湖は凍って一面真っ白に輝く。

天気がいい日は眩しいほどに。

f:id:pirkamer:20170104104037j:plain

f:id:pirkamer:20170104104212j:plain

 

 

暖かい季節はこのイカダみたいな船の上でお食事やお茶ができるのです。(冬季はお休み)

http://www.gengoro.jp/rivage/about.html

f:id:pirkamer:20170103141254j:plain

 

 

やっほーい!最高の気分♪

地元のりんごを使ったりんごジュースを味わいながら。

f:id:pirkamer:20170104104813j:plain

 

 

美しい駒ヶ岳

この雲もなんだか生命力を感じます。

f:id:pirkamer:20170103141826j:plain

 

f:id:pirkamer:20170103141434j:plain

 

 

f:id:pirkamer:20170103141457j:plain

よーく見ると島の端っこにアオサギがいます。

このところ何度かアオサギをみかけていました。

アオサギには、水の中に潜り内省し、答えを見つけて水上に現れる(復活)、そんなメッセージがあるみたいです。

私もまさにそんなタイミングだった気がします。